社会保険労務士の報酬確保で使える小技とは

社会保険労務士として開業した場合、すべての収益を独占できる(人を雇うことになったら、賃金を払ってあげないといけませんが)ことになりますね。
その代わりに、収入の確保は原則、自分ひとりでやらないといけませんが、それを遂行していくためには報酬の確保・顧客の確保が必須ですね。

ここでは私や、周囲にいる成功している同業者(先輩も含みます)が、報酬や顧客獲得のためによく気を付けているポイントを一部だけ公開しましょう。

最新の法令や制度の改正をもれなく追いかけて、ものにする
これは、些末なことのようですが、報酬・顧客を逃さないためにはわりと重大なことです。

現職の社会保険労務士にしたって、労働法や社会保険関連の法令すべての改正についてチェックしているわけではありません。法律の改正はとても頻繁にありますし、チェックするといってもたいへんです。しかし、顧客のための仕事に大きな影響を与える改正があった場合、それを知らなかったのではいずれおおごとになりますね。

・(戦略に合わせて)他の資格を取得して、仕事を開拓する
これは、上に書いたこととは逆でわりと流行っているようです。いわゆるダブルライセンスということですね。

専門性の高い資格がもうひとつあれば、受けられる仕事も報酬も増える可能性が浮上します。しかし、「苦労して取得したのに、結局仕事で使っていない」というパターンが驚くほど多いようです。私は結局社会保険労務士1本(特定社会保険労務士の資格は取りましたが)でやっています。その理由は「特定~、があればそれだけで仕事を増やせるだろう」と考えたためです。実際にそれに集中した結果、仕事の口はかなり舞い込んでくるようになりました。率直な話、だいぶ現状に満足しています。

ダブルライセンスをやりたいなら、ヴィジョンをくっきりとさせてから手を出したほうが賢明でしょう。たとえば、行政書士とのダブルライセンスなら、「建設業事業者を中心に顧客開拓して、建設業許可申請を一手に引き受けると同時に、その顧問先の社会保険のコンサルティングも合わせて引き受ける」といった手段等が考えられそうですね。