社会保険労務士の新人には、講師の仕事で稼ぐ機会があります

社会保険労務士の合格後に、登録手続きをして資格を認められたら? その後はそれぞれの進路を歩むことになります。

開業型の社会保険労務士になるのだったら、当然すぐにでも経営者になるわけです
(事務所に雇われて、修行期間に入るのなら別ですが)。
もちろん、それは並大抵のことではありません。社会保険労務士で開業したら、絶えずお金の心配をしないといけません。

さて新人の社会保険労務士にとって、ある時期から貴重な収入源として注目された仕事があります。それは、「講師の仕事」です。

簡単に言うと、「少し前の自分自身のように、社会保険労務士試験合格を目指している受験者」のために、今度は勉強を教えてあげる立場に回るわけです。

通信講座会社でも講師を募集することはありますが、講師の仕事はといえば学校のほうが有名です(求人の数は、今では逆転しているかもしれませんが)。
資格の学校の講師の場合、当然教壇に立って教えることになります。通信の場合なら、教材の中で教えるため基本的に受講者と接触する機会はまずありません。

いずれにしても、講師という仕事は時給制の場合でもその単価は高めになります。学習塾の講師であっても(大学生のアルバイトであっても)、数千円もらえるのが当たり前の世界です。
社会保険労務士の講師の仕事についても、以前と比べて安くなっているところも目立ちますが、最低でも時給2000円は払われると思われます。

講師の仕事は人によって向き・不向きがあります。しかし開業するのであれば、毎日のように人と会ってコミュニケーションをとらないと先へ進めません。開業後に講師の仕事をしてみるのは、人慣れすると言う意味でも効果があるかもしれません。