社会保険労務士のすべき仕事を税理士に回す会社がまだ多い

社会保険労務士の仕事は、潜在的にはまだまだ開拓できるといわれています。

社会保険労務士という資格が脚光を浴びるにつれて、社会保険労務士を目指す人が増えてきました。このため、社労士が増えすぎてしまうことを心配する意見が一部で出ているようです。

仕事については結局、個々の社会保険労務士が地道に開拓していくしかありません。
確かに開業にはリスクがありますし、時と場合によっては仕事を思うように取れなくて廃業してしまう人だっているでしょう。しかしだからといって、この職業に未来がないわけではありません。

どのようなやり方で仕事を手に入れるか? それは個々の社会保険労務士しだいですが、個々では1点、ヒントになることを説明しましょう。

社会保険労務士は、昔と比べたらだいぶ社会で認知されてきました。とはいえまだ、社会保険労務士の役目の大きさを理解していない人はざらにいます。一般人の間ではその点が顕著ですが、あいにくと全国にたくさんある中小企業の経営者にしても、そこは同じなようです。

特に目立つのは、税理士と比べたときの存在感です。税理士の必要性を知らない経営者はめったにいませんが、社会保険労務士に対してはよく理解していない経営者がいまだにたくさんいるのです。

このため、企業によっては社会保険労務士に依頼するべき業務内容を、税理士に相談していることがけっこうあるのだそうです。たとえば、就業規則の作成や見直し。これは社会保険労務士の代表的な業務です。しかし社会保険労務士を顧問に迎えていない企業は、社会保険労務士を探そうとするのではなく顧問税理士に持ち込んでしまう、そんなことがまだよくあるのだとか。

社会保険労務士連合会も、社労士の知名度浸透に随時力を入れているようですが、個々の社会保険労務士が税理士のような他の業種に行ってしまっている仕事を、自分のほうに引き寄せようとする努力をするべきでしょう!