“勤務社労士”として活躍できるのが社会保険労務士ならではのメリット

士業資格の活かし方といえば、一般的には“独立開業”が王道であると言えます。
ですが、社会保険労務士は“就職”という選択肢も十分視野に入れることのできる資格であり、その点で他資格とは異なる、少し特殊な存在なのかもしれません。

結論として、「社会保険労務士で就職」、選択肢としては「アリ」です!


・士業の中では珍しい、「勤務」という登録区分

士業で独立開業ではなく、会社勤めをしているというと、どこか“負け組”のようなイメージになってしまいがちですが、社会保険労務士に限っては決してそうとは言えません。
その理由は、この資格の登録区分にあります。
「開業」の他に「勤務その他」の区分を選べる社会保険労務士は、就職して企業内で活躍する道も立派な活躍の仕方なんです。

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

士業資格を取得したとしても、いざ独立開業というとなかなかハードルが高く感じられるかもしれません。
ですが、社会保険労務士のように就職して会社員としての安定したポジションを確保しながらも、なお実務に携わることのできるというのは、人によってはかなり理想的と言えるのではないでしょうか。


・社会保険労務士の就職先は業種を問わない!

就職というと、まずは就職先の業種の絞り込みから入る方も多いでしょうが、社会保険労務士として仕事を探す上ではどんな業種の会社であれ、例外なく対象になります。
所属するのは人事や総務になりますが、これらの部署はそこに従業員がいる限り必要な機能です。
だからこそ社会保険労務士の求人数は多いですし、常に需要があると言えます。

このように、たとえ独立開業する気がなくても、社会保険労務士を目指すことはアナタのキャリア上、決して無駄になりません。
胸を張って、資格合格に向けて頑張りましょう!必ず道が開けるはずです。